遠近法

絵画の遠近法を東西文化の捉え方の違いから考えてみました。
透視遠近法では、遠いものほど小さく、近いものほど大きく描かれます。
空気遠近法とは、遠くに行くに従って淡く青く薄く描く方法です。
写真遠近法とは、写真を基にした遠近法です。これらは私たちが日常見慣れている映像に近いものです。

ところが、絵にはこれらの遠近法とは違う、別のルールに従ったような遠近法があります。

 

「キュービズム遠近法」とは、図形同士の重なり合いによって遠近感(立体感)を描き出します。

「逆遠近法」とは、遠くに行くほど大きく、近いほど小さく描きます。絵巻や涅槃図などに見られます。

どうしてこんなことになるのでしょうか。

 

人類初期の絵は儀式に使われた洞窟絵や宗教画です。

絵画というのもは、画家の感動したものや、神や、偉い人や、要請された重要なものを大きく描きます。

向こう側にお釈迦様が居て、近くに弟子や獣たちが居るとしますと、仏は「偉くて重要」ですから大きく描きます。

ケモノや弟子たちは、いくら近くにいて体が大きいとはいえ、釈迦より大きく描くわけにはいきません。そこで小さく描きます。これらをつなぎ合わせて一枚の図にすると、大小の遠近が逆になって しまいます。

「遠近を感じさせる色」というのがあります(図右)。

普通は上右図の右列のようになります。白が一番近くて次に黄色、と順々に行きます。

しかし心理的には左列のようになります。黄色よりも赤の方が近く感じられます。なぜならば赤が血の色だからです。

心理的に目立つといえば、紙幣も目立ちます。あんな暗い地味な色なのに、道ばたに落ちていれば誰も見逃しませんよね。

欲望、恐怖に関わるものは目立つと覚えておきましょう。

 

さて、こちら(日本)が逆遠近法ならば、あちら(西洋)は正遠近法です。

近くを大きく、遠くを小さく描きます。

西洋絵画で偉い人(キリスト)などを描く場合は、画家は構図に苦心します。

 

キリストに光を強く当てたり、中央に置いたり、背景を無地色にしたりと様々な工夫がなされています。

 

「偉い人を大きく描く」ということを、さらに考えてみました。

西洋では遠くが重要でなく、近くが重要で大きく描きます。

最も重要なものは一番近いものです。

では最も近いものとは何でしょうか?近景?いやいや、もっと大きいもの。

 

それは自分自身です。絵を見ている(描いている)自分です。

(出典:黒田正巳 空間を描く遠近法 彰国社)

 

自分を最重要と考えるのが西洋人の基本的な考え方ではないでしょうか。

ヒューマニズムとか個人主義という言葉が西洋から出てきたことも自然の成り行きです。