アトリエについて

絵画教室の皆さんが口をそろえて言われることは「家で絵を描きたいけど、家ではなかなかやる気になりません」。

 

家ではどうして描く気分になれないのか、考えてみました。

絵画教室や学校と家ではどこが違うのか。

 

考えられるのは”環境”。

絵画教室や学校は、まわりが教材や、行動している人ばかりなので、自分も自然とやる気になります。

 絵以外に、たとえば学校とか、競技場とか、音楽会とか、展覧会場とか、結婚式とか、お寺とか、教会とか、裁判所とか、国会みたいな所は、そこへ入ると身が引き締まって気分が変わります。やる気になります。

その理由を考えると、そこには共通した要素があります。

すなわち、生活感が無いこと。

生活感が無い上に、そこに入る人は正装したりおしゃれをしたりします。

 

裁判所に洗濯物が干してあったら、判決の重みがなくなります。

首脳会談している周りで子供達が遊んでいたら、国家の重要事項など決定できる筈がありません。

クラシックの音楽会でお茶漬けを食べる人などいません。

お寺の経文が訳が分からないのには理由があります。普段使ってる口語体ではいけないのです。

これらの改まった場所で行われるのは”儀式”です。

儀式の行われる場所こそ、日常生活と切り離された場所なのです。

この場所のことを”聖地”と呼びます。

聖地とはエルサレムのことだけではありません。

日常と切り離された場所で 思いを巡らし 感性を磨き、目に見えぬ聖なるものと対峙する場所こそが聖地です。

日本には昔から仏間というのがありました。

仏間は聖地でした。

 

聖地だから正装します。劇場や映画館や音楽会が切符を売ってお金を稼いでいても、その空間は聖地です。

学校の教室やアトリエも聖地です(汚れるから正装ではありませんが。しかし普段着でもありません)。競技場も同じです。

 

今でも院展会館に行くと、畳の部屋を綺麗に掃除し、正座して神棚を拝んでいます。神棚には横山大観や岡倉天心などの功労者が奉ってあります。正座して身を清めて儀式を行うように制作しています。わずかなゴミが部屋に落ちていたら、すぐに清掃します。

ニコライ堂のような東方教会のイコン作家(修道士)は、制作する前に祈り、身を清めて、絵の具を聖別し、自然光の基でイコンを描きます。

 

家で絵を制作することの難しさがお分かりでしょう。

いつか経済的に余裕ができたら、たとえ一畳程度でも良いですから、家の中に聖地を作って下さい。

加えて聖地とは空間だけではありません。時間的聖地もあります。

一日のわずかな時間だけでも、世俗を忘れて思いを巡らす時間が取れたら素晴らしいことです。

 

私は、絵画教室のアルス美術会を作る時に聖地を意識しました。

なるべく生活感を無くすように。絵画に関わる備品だけで部屋が構成されるように。

町の小さな絵画教室ではありますが、ここにささやかな聖地が出来ました。